career

採用情報

「OUTSTANDINGな遊び」を

作り上げるのが、僕の仕事

畠山 翔

マーケティング事業部

ビジネス成功のカギは「遊び」だと証明したい

――WCPでは、どのようなお仕事をされていますか。

メインで行っているのは、ウェブマーケティング。セミナーなどのサービスを、求める人に確実に届けるための仕事です。

現在は、事業がどんどん拡大している中、正直、多忙を極めています。でも自分としては、自らが作り上げる新しいサービスで人を幸せにしたいと思っていて、新しい仕事を作ることにも貪欲に取り組んでいます。

その一つとして、2021年7月から「アウトスタンディング経営塾」という新事業が始まり、運営を一任されています。経営者や個人事業主、大手企業の経営幹部までを対象にしたサブスクリプションサービスです。会場で直接セミナーを受けることも可能ですし、オンライン受講もできます。

「アウトスタンディング」というのは、WCPが推し進めている概念で、飛躍的な成長を指します。ビジネス面であれば、桁違いの売り上げを上げること。年収1000万円の経営者を、年収1億円にまで押し上げる。しかしそれだけでなく、WCPのセミナーの真の目的は、人間的に「飛躍的に成長する」ことです。

「アウトスタンディング経営塾」では、「アウトスタンディングな遊び=OSA」も企画しています。「人生において、なかなか普通ではやらないことを、あえてやる部活」のようなイメージです。滝行やバンジージャンプなど体育会系企画のほか、山奥の酒造を見学するなど文科系イベントもあります。

部活をイメージしていますから、当然ながら部長がいて、WCPのメンバーも部活に顔を出して一緒に遊ぶ。大森さんはどの部活にも所属しませんが、マスコットキャラのように(笑)大きな活動時には顔を出す。現メンバーは「遊びも、全力でやることが仕事のモチベーションにつながる」というマインドの人が多いので、喜んで参加してくれます。セミナー参加者と交流できる時間も増えますしね。今後は、セミナー受講者の家族も一緒に参加できる活動も企画する予定です。

「勝ちを祝う文化」がめちゃくちゃ楽しい

――今までの会社や働き方と、WCPとでは、何が違うと感じていますか。

WCPに入社するまでは、大手百貨店を始め、海外で起業をしたり、出版社に勤務したりなど、様々な職場や働き方を経験してきました。

WCPに入って一番楽しいと感じたのが、「勝ちを祝う文化」。これまで経験してきた会社でも、成果を上げれば表彰されたり、賞金がもらえたり、互いに評価をしあったりといった仕組みはありました。しかし、そういったことで強調されるのは、ライバル意識の悪い面ばかりだと感じていたことが思い出されます。目の前に賞金をぶら下げられてがむしゃらにやるのは、仕事をする本来の目的を見失ってしまっているようで、本質的ではないなあと。

WCPでは、毎週末に成果を自分で発表して、全員で「おめでとう!」と祝福するだけ。その雰囲気が素晴らしいと感じます。他人と比べて何かが勝っていたということではなく、自分自身の成果を披露し、皆がそれを認知する。利益等が反映されない、美しい世界です。こういったことを行っている会社は、なかなかないのではないかと思います。

また、メンバーたちは、何らかの専門性を持って独立している人が多いのに、衝突したり、バラバラに仕事をすることはなく、しっかり目的意識が共有されていると感じます。それは、代表の大森さんが、常に先頭に立って、全力で突き進んでいるからだと思います。

一般的なリーダーは「みんなの中心にいる」イメージですが、大森さんの場合は、無我夢中でトップを走っていて、みんながそれを追いかけているイメージ。「個」のぶつかりあいがないのは、そのためです。リーダーが一番すごいパフォーマンスを発揮している姿を見ると、「自分もこうなりたい」と思います。

WCPファミリーの大きな愛を感じてほしい

――入社を検討している方へ、メッセージをお願いします。

この会社では、他では体験できない世界を見ることができます。そのプロセスを通じて、想像できないくらい、自分が成長できます。そして、それを温かくサポートしてくれる環境があります。

自分の可能性にチャレンジしたい。たくさんの人に価値貢献したい。入社後はまるで家族のように接してくれる大森さんの、大きな愛に包まれたい。そんな方にはピッタリです。

仲間から、愛や刺激を受けたい方は、ぜひ応募してみてください。一緒に働けるのを楽しみにしています。

OTHER INTERVIEW

その他のメンバー

電話でのお問い合わせはこちら
03-5990-5222

平日:10時~17時

Webからのお問い合わせはこちら
お問い合わせ